髪を傷めない白髪の染め方



白髪のお悩み駆け込み寺



白髪のお悩み駆け込み寺【HOME】 » 髪を傷めない白髪の染め方

質問:髪を傷めることなく白髪を染める方法を教えてください!

回答:髪を傷めない白髪染めを選ぶ必要があります。トリートメントタイプやヘアマニキュアタイプがおすすめです。

髪を傷めないで白髪を染めようと思った場合、まず白髪染めの選び方がポイントになります。

今は、クリームタイプや泡タイプなど一般的な白髪染めだけではなく、シャンプータイプやトリートメントタイプなど多様化していて そのどれもがダメージは軽減するため改良が加えつづけられています。

そのなかでも今のところ、髪を傷めないという目的であればキューティクルを破壊しないトリートメントタイプやヘアマニキュアタイプが一番いいです。

トリートメントタイプの白髪染めは、普通のトリートメントと同じように使っていれば、少しずつ髪に色が入っていきます。 普通の白髪染めは無理にキューティクルを開いて色を入れるので、髪への負担が大きくなりますが、トリートメントタイプは髪表面を染料でコーティングするだけなので髪への負担がかかりません。

また同時にトリートメントもできるので髪を傷めることなく染められるのです。 成分もほとんどが植物由来など天然の成分で出来ているので、髪はもちろん頭皮にも優しいという特徴もあります。

ただし、トリートメントタイプの白髪染めは1回では染めらないですし、色落ちも早いというデメリットがあります。 1回でしっかり全部を染めたいという場合には、やはり髪内部に染料が浸透するタイプの白髪染めを使うのが一番でしょう。

美容室で白髪を染めるとダメージを感じにくい理由

美容院で白髪を染めた仕上がりは手触りも柔らかく、パサつかないですよね。

仕上がりだけで判断すると美容室で染めるのが一番髪を傷めなそうと思うんですが、これは美容室ならダメージを与えずに染められるということではなくて トリートメント効果や美容師のマル秘テクニックでダメージを誤魔化すのがとてもうまいということなんです。

白髪を染める原理は美容室で染めるのも自宅で染めるのも変わりません。つまり髪へのダメージに関しても美容院で染めても自宅で染めても変わりません。 ただ、染める前後のヘアケアがうまいので美容室で染めた場合はダメージを感じないということなんです。

自宅で自分で髪内部に染料が浸透するタイプの白髪染めで髪を染めるという場合も、染める前と後でしっかりケアすればダメージを最小限に抑えられます。 大事なのはやはり染めた後の保湿です。

白髪染めをした後は、しばらくの間キューティクルが開いた状態になってしまうため、そこから水分が漏れ出してしまい髪がパサつくなど傷んでしまいます。

そのため、染めてからしばらくの間は水分が蒸発しないように髪を修復するためのトリートメントをしっかり行うことが大事です。 毎日のケアでも洗い流さないタイプのトリートメントを使ったり、馬油など天然由来のオイルを使うと髪の保護と保湿に努めることも大切です。