白髪染めにありがちなトラブル



白髪のお悩み駆け込み寺



白髪のお悩み駆け込み寺【HOME】 » 白髪染めにありがちなトラブル

質問:白髪染めをするうえで気をつけるべきポイントは?

回答:赤みや腫れ、かゆみがでることもあるのでパッチテストは必須です。アレルギーがでれば白髪染めはできません。

白髪染めで起こるトラブルといえばアレルギーや頭皮のかぶれがあります。

白髪に色素を取り込むためには、キューティクルを無理やり開かせて、染料を浸透させなくてはいけないので パラトルエンジアミンやパラフェニレンジアミンなどのジアミン系化学染料を用います。

こうした成分は、体質によってはそれが刺激になってアレルギー反応が引き起こされる可能性があります。 今の白髪染めは、昔と比べるとだいぶ刺激が弱くなっているといいますが、それでもかゆみやかぶれなどのトラブルは頻繁に起きているみたいです。

こういったトラブルは、アレルギー体質の人がでやすいので、喘息や花粉症、アトピー性皮膚炎などを患っている人は白髪染めを使う際は十分に注意しないといけません。

これまでまったく問題なかった人でも生理中だったり体調を崩していたりすると、かゆみやヒリヒリ感などのアレルギー症状が出ることは珍しくはないので油断は禁物です。

こうしたトラブルを起こさないためには、パッチテストが重要です。

面倒だからとか、これまで大丈夫だったからといってパッチテストをしない人も多いんですが、 加齢や体調、これまで蓄積された化学物質の影響などで人の体は常に状態が変わっているため、次も大丈夫だろうという保証はないと思ってください。

白髪染めアレルギーは本当に怖いです。

白髪染めやヘアカラーを繰り返しているとある日突然、頭皮に赤みや湿疹、かゆみなどがでて使えなくなることがあります。花粉症がある日突然 はじまるように許容量を超えると髪染めをしたときにアレルギー反応がでてしまうんです。

赤く腫れたり、ヒリヒリするぐらいであればいいほうで、激しい咳や呼吸困難、目のかゆみなどを引き起こす、アナフィラキーショックが起きてしまうこともあります。 このアナフィラキーショックは最悪の場合、命に関わるです。

※ 髪を染めてそのアレルギー反応で死んだという人は海外ではいるみたいですが日本では聞いたことはありません。

とはいえ、顔がパンパンに膨れるぐらい腫れたという話はいくつか知ってます。こういうことが突然起こるのがアレルギー反応なので、 特に毒性が強いと言われているジアミン系染料が配合されている白髪染めを使う場合には、絶対にパッチテストをする必要があるんです。

髪や頭皮を傷めないトリートメントタイプやヘアマニキュアタイプの白髪染めであっても同じです。ジアミン系染料を使っているモノに比べると アレルギーのリスクは少ないですが、何に反応してしまうからは人それぞれだからです。

天然成分や自然由来の植物成分だからといってアレルギーが起きないということではないので。

一度、アレルギー反応がでてしまうとどの成分に反応しているのかにもよりますが白髪染めができなくなるということもありえます。こうしたことも アレルギーリスクの少ないトリートメントタイプが人気になる理由なのかなと思います。