白髪染めとおしゃれ染めの違いは?



白髪のお悩み駆け込み寺



白髪のお悩み駆け込み寺【HOME】 » 白髪染めとおしゃれ染めの違いは?

質問:おしゃれ染め(通常のヘアカラー)で白髪を染めることはできますか?

回答:周辺の髪を明るくすることで白髪をごまかすことはできますが、通常のヘアカラーでは白髪を染めることはできません。

白髪が目立ってきたら染めるのは一般的なことですが、年齢によっては「白髪染め」ということに対して抵抗があるかもしれません。 特に20代や30代前半だと、白髪染めではなくヘアカラーのようなおしゃれ染めでどうにかならないか、と思う方もいるかと思います。

ですが、残念ながらおしゃれ染めでは白髪を染めることはできません。

というのも白髪染めとおしゃれ染め、どちらも同じ髪の毛を染めるものですが、色素が入っていない白髪を染めるのと、色素が入っている黒髪を染めるのでは髪の毛を染めるメカニズムに違いがあるからです。

白髪は通常のヘアカラー、そしてブリーチやでは染まりません。白髪をブリーチしようにも髪内部の色素がないので脱色できませんし、ヘアカラーも 白髪には化学反応する色素自体がないので染めることができないからです。なので白髪は白髪染めじゃないと色は入りません。

白髪染めはメラニン色素のない白髪にも黒髪にも色味をいれられます。白髪も黒髪も同じ色に染めることができる白髪染めを使っておしゃれ染めをすることはできても 黒髪用のヘアカラーは、 黒髪は染められても白髪には色を入れられないので白髪染めの代わりにはならないんです。

白髪の量が多い場合には白髪染めを使う、白髪の量が少なくて髪全体を明るくすることで白髪を目立たなくしたいという場合にはおしゃれ染めを使う、というように使い分けるのがポイントです。

白髪染めとおしゃれ染めはどっちのほうが髪にダメージを与える!?

髪を染めるアイテムには、黒髪用のヘアカラー、ヘアマニキュア、スプレー、白髪染めなどの種類があります。 どれも髪に色をつけるもの、ということは共通していますが、髪へのダメージも気になるところだと思います。

基本的にヘアマニキュアとスプレーは髪表面に染料を付着させるだけなので髪へのダメージはなし。最近人気のトリートメントタイプの白髪染めも髪表面に染料をコーティングするものなので髪へのダメージはありません。

髪へのダメージがあるのはヘアカラーで、ヘアカラーのなかでも色持ちがいい永久染毛剤は一番ダメージが大きいといえます。アルカリ性製品のほうが染毛効果が高い分より髪を損傷させます。

このヘアカラーよりも髪へのダメージが大きいのがブリーチです。ブリーチは縮毛矯正とならび、髪を最も激しく損傷させる施術です。明るい色に染めようとするほどブリーチ力が強くなるため、ダメージも大きくなります。

白髪染めは、色素のない白髪にも色を付けるだけあって染毛力は高いです。黒髪を染めるヘアカラーは一度色を抜くためブリーチ力が強いです。 どちらもキューティクルを剥がすので髪にダメージを残しますが、ブリーチ力が高い分、おしゃれ染めのほうがダメージが強い気がします。

もちろんおしゃれ染めでも暗い色に染めるのであればブリーチ力も弱いのでそこまでダメージにはなりません。明るい色に染めようとすればそれだけダメージも大きくなるということです。

白髪染めは頻繁に行うのでダメージが目立ちやすくそのため白髪染めのほうがおしゃれ染めよりダメージが大きいと錯覚されがちです。まぁどっちもどっちですけどね。